Stop the bleeding.

日々の諸々を赤裸々に時々長々と綴る。

久々の

 

かなり久々にブログを更新する。

 

だいたいこのブログを更新するときというのは、

しなければならないこと(掃除)から逃げ出したいときだ。

 

 

タイトルの「久々の」は、このブログ更新のことではない。

大学の友人から久々に連絡が来たことを表している。

 

その人は今日、もう1人の友人と会っているみたいだから、

おそらく私の話題になって、今何してるんだ?ってなったと予想する。

 

ちょっと気になったから聞いただけ、って感じなのだろうけど、

唐突に「就職したの?」と聞かれるのはあまり良い気はしない。

 

最終的に、今住んでるところに当分いるのかと聞かれ、

多分そうだと答えたら「おけーい!」って。

 

一体何がOKなのか、さっぱり分からない。

私は彼女(ら)のそういうところがあまり好きではない。

 

 

 

こんな愚痴で久々のブログ更新を終えるのは癪。

2か月働いてどんな感じかでも書き記しておこう。

 

結局それも愚痴的なものになるかもしれないけれど。

 

私は大学卒業後半年ニートだった世間知らずのゆとり世代なので、

職場の方々には、それはそれはとっても優しくして頂いている。

 

こういう言い方をすると何か嫌味っぽいけど、本当にそうなのだ。

本当に私が無知だから、丁寧に教えるしかないんだろうけど。

 

しかしながら、今はさほど忙しくない時期らしいので、

実際職場の方々がどういう人なのかはまだ分からない。

 

切羽詰まってるときにこそ、その人の本性が見える。

残業のこともあり、繁忙期が今から恐ろしい。

 

そして、来月にはバイトの方々から嫌われてる人が戻ってくる。

その人は私の採用担当の人で、そこまで悪い印象はなかった。

しかし、その人不在の食事の際に、ひどい話を散々聞かされた。

 

確かに、ところどころ「ん?」と思うところはあった。

が、私が気にしいなだけかなと思っていた。いや、いる。

 

なんとなく職場の空気に慣れてきた今、その人が戻ってきて、

空気がどれだけ冷えるのかと思うと、ゾッとする。

 

 

愚痴ではないものの、怯えに満ち溢れたブログとなってしまった。

そんなに気にするほどのことじゃない…と信じたい。

 

勿論、悪いことだらけではない。

と言うか、上述のこと以外は特に心配事はない。

 

いや、この、特になんの心配事もなく、ずるずると

長く勤めてしまいそうなことが一番の心配事かもしれない。