Stop the bleeding.

日々の諸々を赤裸々に時々長々と綴る。

見ずに消すという選択肢

 

スタミュ(第2期)の最終回が昨晩放送された。

最終回と言いつつ、来週もMV集の放送があるらしいが。

 

録画はしてあるが、怖くてまだ見ていない。

とある筋から、最終回が(最終回も?)惨憺たるものであったと小耳に挟んでしまったのだ。

後半の流れからして、完全に納得のいく最終回を迎えることはありえないと分かっているし、最終回の大体の流れはとある筋から聞いているので、あまりの酷さに衝撃を受けたりはしないと思う。

ただ、見てしまったら、静かにその作品のことを嫌いになってしまいそうで、それが怖いのだ。

 

スタミュの登場人物は皆魅力的で、推し度合いに多少の差はあれど、嫌いなキャラクターは一人もいない。そんな彼らが活躍するストーリーや世界もまた素晴らしい。いや、素晴らしかった。

しかし、2期後半の展開を目の当たりにして、「キャラクターは悪くない、彼らをこの展開に導いた脚本等が悪い」と自分に言い聞かせても、キャラクターそのものについ不満を募らせてしまう自分がいた。

最終回を視聴したら、きっとそれが爆発する。だからまだ見ていないし、おそらくそのまま消してしまうだろう。

ただの臆病者だってことは分かっている。でも、嫌な思い・悲しい思いをすると分かってて視聴するなんてバカみたいじゃないか。

 

勿論、ダメって分かってて視聴して案の定な結果に愚痴をこぼすスタミュの女たちがバカというわけではない。彼女らにこそ、この残念な2期に対してあれこれ言う権利があるのだから。

全てを見届けていない以上、私に愚痴や批判を言う資格はない。だからもうこれっきり何も言わない。

私は1期と、2期の良かったところ(一部の曲やエピソード)だけを胸に、彼らを愛でていく。その方がきっと私にとって幸せだと思うから。

 

最後に一言。いや、もしかしたらこの先口癖のように言うかもしれないが。

スタミュは1期まで。